お楽しみ エンゼル 育児力検定

みかんの食べ過ぎで、手のひらや足の裏などが黄色くなってしまう症状は、何というか? A.黄班症  B.柑皮症  C.乾皮症

2012年02月01日

 みかんのようにカロテンの多い食べ物をたくさん食べると、皮膚がみかんの皮のように黄色になることから柑皮症(かんぴしょう)と呼ばれてます。血中カロテン値が上昇して皮膚に沈着しやすくなり、特に手のひら、足の裏、鼻などが黄色くなります。
 カロテンの多い食べ物(柑橘類、にんじん、かぼちゃ、マンゴー、とうもろこし等)の取り過ぎをやめれば自然に治るもので、特に治療の必要はありません。

 正解はB