お楽しみ エンゼル 育児力検定

日本で初めて育児用粉ミルクが売り出されたのはいつ? A.江戸時代 B.大正 C.昭和

2012年08月01日

 日本で初めて育児用粉ミルクが発売されたのは大正6年(1917年)のことです。母乳が足りない場合、江戸時代まではよそのお母さんからもらい乳をしたり、代用のもの(穀物粉を煮溶かしたものなど)を与えていました。明治時代に入ってからは牛乳が利用されたり、加糖練乳も使われたりするようになりましたが、成分が人間には適切ではないということで、研究と改善がなされて粉ミルクが作られました。
参考;日本乳業協会の「人工栄養の歴史」
                                                                                  正解B