お楽しみ これってウチだけ?

かんしゃく

2016年04月11日

 「魔の2歳」という言葉があります。単にイヤイヤ期というだけでなく、自分の思い通りにいかなかったり気に入らないことがあると、床や壁に頭をゴンゴン打ちつけたり、泣きながら自分をぶったり、中には自分の髪の毛を引き抜く子もいます。「こんなことをするのはうちだけ?」と思うママが多いようですが、この年齢にはよくあることです。
 では、どうしてこんなことをするのでしょう?小さな子どもには自分の思い通りにならないことや気に入らないこと、うまくいかないことがたくさんあります。その気持ちをわかってもらえない、思い通りにならない不満、そしてできれば思い通りにしたいという気持ち、またその気持ちをまだうまく言い表せないことが、さまざまな行為につながるようです。つまり自分に主張があることをオーバーリアクション気味に表明し、ママが気にして「どうしたの?」と言ってくれる、つまり自分に注意を向けて欲しいのです。
 お子さんの気持ちはわかってもママとしてはちょっと心配ですね。こういうときにはママが心配しすぎるとかえって止めにくくなってしまいます。つまり引くに引けなくなったり、何のことでかんしゃくを起したのか自分でもわからなくなってしまうときもあるようです。ゆったりと「わかっているよ、こうして欲しかったのね。でも痛くなっちゃうから、そろそろ止めようね」と伝えましょう。コツは、ママがオーバーリアクションにならないことです。言葉で自分の主張を伝えることができるようになって、コミュニケーションがスムーズになると必ずやらなくなりますので、気長に成長を待ちましょう。