Q&A じぃじばぁばの部屋


飲むこと・食べること

熱いお湯で調乳

娘がポットの熱いお湯をそのまま使ってミルクを作っていました。昔は40-50℃くらいのお湯で調乳していたと思うのですが、これが今のやり方とか。高温だとミルクの栄養がなくなりませんか?(1ヵ月)
 以前は育児用ミルクの調乳に使うお湯の温度は40-50℃でしたが、2007年WHOによって新しいガイドラインが作成され、70℃以上の高温調乳がすすめられるようになりました。日本でも厚労省が高温調乳をすすめています。70℃以上のお湯で調乳することによって、身の回りにいる細菌が万が一ミルクに入ったときや、調乳器具に付着した場合にその菌を殺菌します。栄養素については熱に弱いビタミンCやラクトフェリンなど影響を受けるものはありますが、必要量は十分配慮していますので、高温調乳により栄養が不足する心配はありません。むしろ沸かしたポットのお湯を哺乳ビンに注ぐと70-75℃ぐらいになりますので、調乳の際はやけどにご注意ください。