よくある相談 じぃじばぁばの部屋 よくある相談 じぃじばぁばの部屋


生活・遊び

家の中の安全を見直しませんか?

 よく孫を自宅で預かっています。東日本大震災では家の中の安全対策や日頃の備えが大事だと思いました。安全対策では、どんな点に注意したらよいでしょうか?
 転倒防止を施すことはもちろん大切ですが、まず家具の配置を考えましょう。背の高い家具や、転倒しそうなものを扉付近に置くのは禁物です。また倒れなくても、家具の中身が飛び出して避難のじゃまになることもあります。出入り口に向かって、中身が飛び出さないように家具を置く向きも考えましょう。
 そして、グラッときたときに、すばやく安全を確保する場所として大切なのがテーブルの下です。強化棒を設置すると、さらに安全性がアップします。約6トン、車5台分程の重圧に耐えられる空間になるそうです。テーブルの側面や角には、あらかじめクッションテープなどを張って、頭をぶつけてケガをしないようにしておきましょう。
 忘れてならないのが、窓ガラスの飛散防止です。地震がおさまって家の外に避難するときにも、足をケガしては動けなくなってしまいます。飛散防止フィルムは全面に貼るのがよいのですが、四隅に貼るだけでも効果があるそうです。カーテンを二重にするとさらにガラスは飛びにくくなります。窓際にはできるだけ家具を置かないようにして、避難路を確保しておくことも大切です。
 さらに、日頃から常に家族で万一の場合を想定して、各々の居場所の確認、連絡の取り方、お孫さんのお迎えなど、しっかり約束しておくことが重要です。また、お孫さん用の非常持ち出し袋も用意しておきましょう。ホームページ「はぐくみ」で、乳児向けの非常袋の情報を掲載しています。そちらも参考になさってください。
http://www.hagukumi.ne.jp/bousai/01.shtml