Q&A じぃじばぁばの部屋


生活・遊び

じぃじ出番ですよ!

娘が二人目を妊娠し、つわりで今までのように1歳になる孫を公園になかなか連れて行けません。私も仕事をしていますし、孫は昨年で定年になった私の夫になついているので遊び相手を頼みたいのですが、夫は外には行きたからず孫にテレビばかり見せています。(1歳)
 団塊世代が定年を迎えて、時間に余裕ができた「じぃじ」が増えてきました。まだこの年代は体力も十分あるので、遊び相手になってもらうのには最適ですね。
 でも、「じぃじ」たちは自分の子育て期には仕事が忙しく、幼児の扱いに慣れていなくて、何をして遊んだらよいかわからない人も多いようです。特に、言葉がまだでていない1歳前後は子どもの要求をくみとるのも難しく、仕方なくTV鑑賞になってしまうのかもしれません。
 いきなり「スーパーじぃじ」になってもらうのは難しいですが、社会経験は豊富ですから、ちょっとした"研修"で、どんどん変身していくと思います。
「じぃじ」の外遊び研修メニュー  1日目 まずは外遊びについて行ってもらいましょう。ママと子どもが遊んでいる様子を見て、どんな遊びが好きか理解を。またボールなどを持参して、一緒に子どもとのやりとりを楽しんでもらうとよいでしょう。
2日目 ママは、「じぃじ」が慣れた頃にベンチで休憩。すべりだいやブランコなどで、「じぃじ」と二人で遊んでもらいましょう。ママ友達にも「じぃじ」を紹介して、顔見知りになってもらうと、「じぃじ」が困ったときに安心です。
3日目 先に出かけてもらうか、途中ママだけ買い物に行くなどして、「じぃじ」に二人きりの時間を経験してもらって終了です。 
 このように3回ぐらい段階を経れば、「じぃじ」も自信を持って外遊びに行けるでしょう。それから帰ってきたら、「すごく助かった」とのねぎらいもお忘れなく!「昔の父からは考えられない大変身!」と、娘さんもビックリの活躍がきっと期待できることでしょう。