Q&A じぃじばぁばの部屋


生活・遊び

靴の選び方

最近、孫がよく歩くようになりました。ファーストシューズは両親が用意しましたが、今度は私が買ってやりたいと思います。孫はこの頃成長が著しいので、少し大きめの靴を用意したほうが長く履いてもらえるのではと思います。どのような靴を選ぶとよいでしょうか。(1歳6ヵ月)

  プレゼントした靴を履いて、元気に歩くお孫さんを見るのは嬉しいことでしょうね。靴選びにはいくつかポイントがありますので、参考にしてみて下さい。

1.サイズ
・足の幅や甲がきつくないか。足の形に合っていること。
・指先が靴の中で自由に動くだけのゆとりがある。
・指先に5mm程度の余裕がある状態がジャストサイズ。

2.素材
 軽くて足になじむ素材で通気性のよいもの。やわらかい皮製が一番フィットしやすいが、
通気性のある布製でもよい。

3.形やデザイン
・柔らかい関節を守るために、足首までしっかり包み込む深めのもの。
・かかとの押さえがしっかりとして抜けにくいもの。
・ひもやベルトで調節ができ、脱げにくいもの。
・足首や底が動きに応じて楽に曲がるもの。

 靴の役割のひとつは足を守るため、もうひとつは足の骨や筋肉などが健全に発育するのを助けることです。購入する際には必ず履かせてみて、サイズが合っているかどうか確認しましょう。乳幼児の足はほとんどが軟骨で柔らかく変形しやすいため、大きめサイズではなく、お孫さんの足にちょうど合う靴をプレゼントしてあげてくださいね。