よくある相談 じぃじばぁばの部屋 よくある相談 じぃじばぁばの部屋


飲むこと・食べること

熱いお湯で調乳

娘がポットの熱いお湯をそのまま使ってミルクを作っていました。昔は40~50℃くらいのお湯で調乳していたと思うのですが、70℃以上が今のやり方だと娘は言います。高温だとミルクの栄養がなくなりませんか?
  以前は、育児用ミルクの調乳に使うお湯の温度は40~50℃が標準でしたが、2007年WHOによって、安全な調乳のガイドラインが作成され、70℃以上の高温調乳が世界の基準となりました。日本では厚生労働省の指導のもと、赤ちゃん用のミルクを製造しているすべてのメーカーが、70℃以上のお湯での調乳方法を容器に表示しています。
  栄養素については熱に弱いビタミンCやラクトフェリンなど影響を受けるものはありますが、必要量には十分配慮されているので、高温調乳による栄養不足の心配はありません。ただし、沸かしたてのポットのお湯を哺乳ビンに注ぐときは、火傷に注意しましょう。