よくある相談 こんな相談があります よくある相談 こんな相談があります


体のこと/発育・発達

あせもができやすいのはなぜ?

最近、背中や首筋にあせもができています。こまめに着替えやおむつ替えをして清潔を心がけていますが、赤ちゃんにあせもができやすいのはなぜですか?(3ヵ月)

赤ちゃんは新陳代謝が活発なことに加え、汗腺の密度が高いため、たくさんの汗をかきます。この「たくさんの汗」があせもの原因になるのです。

あせもは、汗をかきやすく汗が蒸発しにくい、ひじの内側やひざの裏側、脇の下など皮膚がこすれ合う部位にできやすいです。さらに、赤ちゃんは後頭部や背中、首筋、おむつのウエスト部分などにもあせもができやすいので、注意して見ておくとよいでしょう。

あせもは、軽い症状であれば家庭でのケアで治りやすいものです。汗をかいたらこまめに拭いたり洗い流したりして、そのままにしないことです。また普段から保湿ケアをしているとトラブルになりにくいといわれています。衣類は綿などの吸湿性、通気性のよい素材のものを選び、こまめな着替えを心がけましょう。

それでも赤ちゃんはかきむしるのを我慢できないため、悪化してしまう場合があります。かきむしってしまうと、炎症を起こして化膿したり、とびひになったりするおそれがあります。悪化した場合は早めに受診することをおすすめします。