お楽しみ エンゼル 育児力検定

赤ちゃんが生後何回か飲むことになっているビタミンは何? A. ビタミンD  B. ビタミンE  C. ビタミンK

2014年02月20日

 新生児はビタミンKの欠乏症を起こしやすいために、予防として出生後飲むことになっています。1回目は出生後数回の授乳ののち母乳やミルクが吸えるようになったらすぐに、2回目は産科を退院するときに飲みます。産科を退院した後は生後3ヵ月まで週1回飲むことになっていますが、1ヵ月健診の時点で主にミルクを飲んでいる赤ちゃんは、ミルクにビタミンKが添加されていますので、飲まなくてもよいとされています。
  ビタミンKは血液を固めるために大切な働きをしますので、不足すると血液が固まらずに出血しやすくなります。おもに緑黄色野菜に含まれるK1と納豆などの発酵食品に含まれるビタミンK2があります。これらの豊富な食品を摂取すると母乳に含まれるビタミンKが増加しますので、母乳を飲ませているママはこれらの食品を積極的に摂るとよいでしょう。
                                                        正解:C